固定IPアドレス比較サービスの概要

このWEBページでは、フレッツ光、フレッツADSL、フレッツ光(Bフレッツ、フレッツネクストを含む)の各種フレッツ接続サービス において、固定IPアドレスに対応しているフレッツ接続サービスプロバイダを、対応している固定IPアドレスの数別、地域別、接続タイプ別に 検索する事ができます。もちろん気になる料金の安いプロバイダを探すことが可能です

固定IPアドレスとは

IPアドレスとは、インターネットのホームページを閲覧するときや、Youtubeを見る時、音楽を探すとき、ファイル交換ソフトを使う時に、インターネットに接続しますが、この時に接続元を特定するインターネット上の住所の様なものです。通常「192.168.1.1」などの0-255までの数字4つを、ドット「.」で区切った形で表現されます。

このIPアドレスが、インターネットに接続する際に、一切変化せず固定される事を「固定IPアドレス」に対応しているといいます。通常は接続の度に、DHCPという機能を用いてプロバイダからIPアドレスが変化します。

通常、自宅や事務所にサーバを置いて、外部に公開する際は、インターネット接続プロバイダから、この固定IPアドレスに対応したサービスを利用します。また、自宅から会社のサーバに接続するときや、VPNを利用する時、銀行のネットバンクを利用する際にも、固定IPアドレスを用いて本人かどうかを認証するのに利用します。

固定IPアドレスを利用するメリットとデメリット

固定IPアドレスを利用するメリット

自宅と会社などのサーバとをVPNで接続して、HomeOfficeを実現できる

Webカメラを設置して、外出先から自宅の犬や猫の動画を確認できる

自宅にサーバを設置して、ホームページを公開することができる

管理ページやFTPで接続する際に、接続元のIPアドレスを固定し、そのIPアドレス以外から接続できないようにする事で、セキュリティーを高める事ができます。

などが挙げられます。

固定IPアドレスを利用するデメメリット

IPアドレスが固定されることで、外部から自宅のパソコンに侵入されるリスクがあるが、通常のルータを使用している環境であればそれほど気にしないで大丈夫です

Webサーバを公開している環境であれば、Webサーバに侵入されないようにきっちりと対策をする必要があります。